トップ

妊娠中に脱毛ができないわけ

近い将来に妊娠を望む女性ならば、脱毛の施術を受けるクリニック選びをする際には、契約期間が長いところを候補にするべきでしょう。

なぜなら、妊娠中の脱毛は、基本的にNGとされているからです。
脱毛マシンの光や熱が、直接的にお腹の中にいる赤ちゃんに影響を与えることはないと言われています。

しかし、妊娠中の女性の肌は敏感で、デリケートな状態になりますから、普段なら何でもないような脱毛による刺激が負担となって、炎症を起こす可能性があります。
また、妊娠中は、ホルモンバランスも妊娠前とは違ってきます。

すると、毛周期にも影響が出てきます。脱毛というものは、毛周期を考慮しながら、数年間にわたって定期的に施術を受ける必要があります。肝心の毛周期が乱れている状態のときに施術を受けても、思ったような効果が出ないことも多いのです。

このため、普通のクリニックであれば、妊娠中は脱毛の施術はしてくれません。
ただ、通い始めたときには妊娠していなくても、コースの途中で妊娠するケースはよくあります。そのようなときには、速やかに申し出て施術を中断し、出産・授乳が終了してから再開するのが良いでしょう。

妊娠に気づく前に受けた数回の施術によって、赤ちゃんに影響があることは考えにくいので、慌てる必要なありません。
しかし、赤ちゃんに影響がないならば大丈夫などと安易に考えて、そのまま施術を続けることは、絶対に止めましょう。

赤ちゃんに、お母さんの脱毛施術の影響がまったくないという、確実で十分な臨床実験データがあるわけではありません。そのような臨床実験はできないからです。
脱毛は少しの間お休みして、出産した後で再開すればいいことです。

妊娠中の医療脱毛に関する悩みならこちら。